住宅ローンの支払い

日本においては年々離婚件数が増加してきています。
日本人の最近の離婚率は、3分の1が離婚するようになっています。
しかも、傾向的に多いのは、結婚してから5年後の離婚、熟年の離婚であるということです。
さらに、晩婚化ということが近年はあり、初婚の年齢が高くなってきています。
社会人としてある程度自立して、収入もある人が結婚するようになってきており、マイホームを結婚すると同時に買う場合も増えているそうです。


しかしながら、結婚して5年後に離婚することを考慮すると、結婚と同時に買ったマイホームが非常に問題になります。
もし離婚した場合には、住宅ローンも3分の2程度は残っているのではないでしょうか。
では、マイホームは離婚した後にどうすればいいのでしょうか? 住宅ローンの支払いは離婚した後どうすればいいのでしょうか? 一方、熟年の離婚の場合でも同様の問題があります。
退職金を充て込んで自分の家を建て直したり、リフォームしたりする場合も多くあるでしょう。
しかしながら、熟年で離婚すると残った家をどうするか、ということは離婚の場合に起きてくる大きな問題です。


どちらが残った住宅ローンを返済していくのか、どちらが家で暮らすのか、残しておくのか売るのか、不動産の名義はどうするか、保証人や連帯保証人などはどうするのか、というような問題について、離婚の場合にはきっちりと慎重に決めておく必要があります。
というのは、先々でトラブルになる場合が多くあるためです。


本サイトでは、離婚の場合の名義変更、控除を離婚後に受ける、住宅ローンと債務整理、についてご紹介します。


Copyright © 2014 住宅ローンの処理について All Rights Reserved.